明日遊ぶ猫

献血しながらサブ3.5の文化系ランナー。

読書感想『死体は見世物か: 「人体の不思議展」をめぐって』

 著者は 「『人体の不思議展』に疑問を持つ会」の中心となり、批判活動を続けてきた末永恵子氏です。本書では「人体の不思議展」における死体標本の一般展示の論理的な諸問題を明らかにし、その学会、自治体、マスコミの責任を追及しています。

 本書において、死体標本が学術的利用目的による貸与ではなく、商業的に購入されたものである点、また本人の合意のもとでの公開とは考えづらい点について具体的な資料とともに紹介されております。

 個人的には、遺体であってもその尊厳はまもられるべきであると考える。また、遺体の当事者たちが、このような一般展示を生前に承諾するようなことは、まず考えづらいと容易に想像できる。

 問題はこれを開催および後援した開催者・自治体・学会・マスコミだけにあるわけではない。そのような、遺体に対する尊厳と想像力を働かせれば、おのずと、このような展示会のもつ倫理性の欠如が明らかである。これに対して消費者は良識をもってNOという明確な立場を持つべきだろう。
 
 また、全ての消費者にその論理性や想像力を求めることは難しくとも、少なくとも遺体が正当なプロセスで持って取得されたものでない事を知らされる必要があるように思う。

 同種の展示会っは世界中の国々で行われており、特に気になったのは、その各国の対応である。アメリカは州によっては消費者に選択の自由を定めている。例えば、取得のプロセスに問題があることを知りそれに異議がある場合はチケット代金の払い戻しを定めている点である。フランスは民法の厳密な適用によりこの展示会自体を違法と認定している。各国の対応はその国民性を表しているようである。

 一方で日本は、学会、自治体、マスコミは好意的にこの展示会を捉えており、その論理性に言及した例は少ない。本来、マスコミなどはジャーナリズムの担い手として、このような人権蹂躙とも言える行為に対して何らかの反応を試みる必要があるのでは無いだろうか。日本では大きな利益をだす集団に対して往々にして無批判である。マスコミはこの展示会の後援者であることから、わざわざ餌をくれる飼い犬の手を噛んだりはしない。これは日本の国民性の哀しさとも言えるかもしれない

【故障】大田原マラソン欠場

 明日の大田原マラソンは欠場します。痛めた箇所(内転筋)、股関節付近の痛みが回復せず、走ることができません。いまの状態で、フルが制限時間(4時間)を切るのは不可能と判断しました。残念ですが仕方がありません。回復を待って、来年の東京マラソンを目標として頑張ります。

【献血】感謝状が届いた



 献血70回を記念し、日本赤十字社より銀色有効賞の感謝状を頂きました。ありがとうございます。

[故障]内転筋を痛めた

 内転筋を痛めた。一週間ほど補強運動のみで様子をみたが、芳しくない。なんとか、金曜日の大田原マラソンには参加したいので、痛くない走り方を模索中です。

【青空文庫/入力】森 鴎外「蛇」 

 青空文庫の作業員として以下の作品を入力しました。校正のあとで公開される予定です。なお、入力作業でOpenWnnという漢字変換プログラムを使用したのですが、変換されない語句があり、なかなか苦労しました(糧秣品、毀誉褒貶、草臥れ《くたびれ》、笞刑、反駁書などなど)。

 あと、難有《ありがとう》は漢文式の表記なのですね。変換できませんでした。言葉の成り立ちは知りませんが「幸せ」より「仕合せ《しあわせ》」のほうが、めぐり合わせという意味でしっくりくる気がしますね。


作品名     :蛇
仮名遣い種別  :新字新仮名
著者名     :森 鴎外
底本      :「灰燼 かのように 森鴎外全集3」ちくま文庫、筑摩書房
入力に使用した版:1995(平成7)年8月24日第1刷

ランニング【町田→東神奈川(20.25km)】


 今日は、次女の通っている保育園でえんまつりがあり、だしもののお手伝いをしました。そのあとで港を見たくなったので東神奈川まで走ってきました。雨が降ったので往路は電車を使いましたが、走って帰るより時間が掛かりました。

映画「最強のふたり」



 今日、奥さんと「最強のふたり」を観ました。すでに公開から日にちが過ぎていて、お客さんもまばらな感じでしたが、とてもよい作品でした。事実を元に作られた作品のようです。移民だとか障害者であるとか、そういうことを通り越して、きわどい冗談も言い合えるような仲っていいなあと思いました。

トレイルラン【鶴巻温泉→大山】


小田急線 鶴巻温泉→大山のハイキングコースを走りました。
アップダウンが良い刺激になりました。また来ようと思います。

このハイキングコースは小田急線 鶴巻温泉からすぐにコースに入れるのが良いですね。ただ、吾妻山の入り口が普通の民家の横道からなので少しわかりづらいです。初めてノ方は、地元の方に聞くのが良いと思います。

登頂後、大山からまた鶴巻温泉に戻ろうかどうか迷いましたが、時間が無かったのでそのまま下山して、
小田急線 伊勢原駅で帰りました。下山中に一度尻もちをつきました。


コース
鶴巻温泉→吾妻山→念仏山→高取山→浅間山→大山




image001.jpg

第422回月例湘南マラソン



 今日は、第422回月例湘南マラソンに参加します。種目は10kmです。

映画「ロラックスおじさんの秘密の種」



 長女と「ロラックスおじさんの秘密の種」を観ました。

 志村けんさんが声をされている点と邦題があれなんですが、特にコメディという訳では無いんですね。

 あらすじは、環境汚染で水とか空気とかがおいくら万円になった世界で主人公が木の種を植えようとするお話です。家族で安心して愉しめるアニメでした。

「精神を切る手術」を読みました

「精神を切る手術」を読了したので感想を書きました。



「科学と論理が互いに相反した時に、高次の部分で均衡を図ること(止揚)が可能と考えるか」あるいは「それは理想論に過ぎず、科学という便益によって論理がないがしろにされてはならないと考えるべきか」によって、この本から得られる印象がいくぶん異なるのではないと思います。

 近代の科学技術の発展は主に前者の可能性に重きをおているように思います。たとえば、脳の機能解析において、近年もちいられる脳の画像解析は直接メスを入れるわけではないため、非侵略的であり、高次均衡の可能性を示しているといえると思います。
 
 しかしながら、私はこのような考えに対して、以下の立場から、疑問を感じるのです(私が近年の脳科学ブームに感じている違和感のきっかけともなっています)。

1. 科学技術の限界という立場から
 画像解析は行動と脳の血流の相関関係を観測しているに過ぎず。そのようにして得られた命題は、事実を束ねたに過ぎず、いわゆる帰納的な解釈といえると思う。

 そのようにして求められた命題が果たして脳の複雑な機能を示しているといえるのだろうか。

 また、仮に脳の機能を解明するために、脳にメスや何からの電気刺激などの操作を行うことによって、一部の能力を一時的になり無効化や減退たらしめたとし、トライ・アンド・エラーのような形で検証することができたとしても、そこから得られた命題は脳の複雑な機能を示しているといえるのでしょうか。

2. 論理の面から
 論理という垣根を超えてまで、社会の便益を優先させることが果たしてよいことといえるのでしょうか。

3. 最後に
 私は、論理よりも全体の便益のほうが優先される社会が人間にとって幸せなことではないと考えます。二律背反に陥った時にどこかで立ち止まる必要性も考えるべきと思います。本書では脳科学を題材に取り上げていますが、これをもとに広義の科学者の論理について考えるきっかけになりました。

月間走行距離 250km達成

 月間走行距離の250kmを達成しました。今月は大田原市で開催される大田原マラソン(フルマラソン)に参加予定です。前回は怪我で参加ができなかったので、頑張りたいと思います。


run201210.png


カウント:20 アクティビティー
距離:250.79 km
タイム:23:25:31 h:m:s
高度上昇値:1,829 m
平均スピード:10.7 km/h
カロリー:15,677 C


該当の記事は見つかりませんでした。