明日遊ぶ猫

献血しながらサブ3.5の文化系ランナー。

関東も梅雨入りですね

  関東も梅雨入りですね。6月5日(日)の月例湘南マラソン(10km)に向けて練習を続けています。
http://shonan-run.xrea.jp/

 先日、購入したNIKE FREE RUNでしばらく走っています。ランニングシューズとしての履き心地はあまりよくありませんが、走ったあとに腹筋や大殿筋にハリがでるように感じます。(あくまで個人的な感想ですが)私のように、スピード練習をしない人にとって、筋力トレーニングになるので良いのではないかなと感じています。

 ソールがとても柔らかく、走っているとき地面を指で掴んでいるような感覚が非常に独特ですね。ただ、地面から足が離れるのが遅れる感覚に違和感があり、踏み込んだ、もがくような走りをしてしまう感じがします。
 シューズ内のアーチサポートが高く感じます。これはNIKE製品の特性なのですかね。


送信者 2011/05/28

吉野家ファーム

送信者 20110527

ジョギング中に見つけた。吉野家ファームってなんだろう。

2009年9月28日、(株)吉野家は、農業生産法人「(株)吉野家ファーム神奈川」を設立し、地域農家との協力のもと、農業に本格参入しました。最大の目的は、吉野家で使う食材の安全性を追求し、お客様に安心して食事をしていただくことです。牛丼の材料の玉ねぎ、お新香の材料の白菜などを収穫しています。

また、循環型社会への貢献も目指しています。横浜市内の店舗から出る残さを横浜環境保全株式会社で堆肥にし、農地で使っています。その農地で撮れた野菜を店舗で提供することにより、循環型農業のサイクルを回していきます。

日本の農業の担い手は高年齢化が進み、後継者も不足しています。吉野家ファームでは、そういった問題の解決の一助となれるよう、継続的に事業を進めていきます。


http://www.yoshinoya-holdings.com/csr/3r/farm.html

中国語の勉強


 今月のはじめから中国語の勉強を始めました。あくまで個人的な趣味として、チャネルを増やすための手段として行うつもりでいます。将来は上海マラソンを走るのもよいですね。
 とりあえず、11月の中国語検定準4・4級の同時合格を目標にします。他にもする勉強があって、スキマ時間でまだ5時間しか勉強していません。11月までになんとか60時間は勉強したいと思っています。



送信者 2011/05/23


人生は廻る輪のように


 先日のランニングで腿に筋肉痛がでました。NIKE FREE RUNのシューズのお陰か、運動不足のせいかは分かりません。いきなり走りだすと、また足の怪我が再発するかもしれないのでしばらくは練習量を制限しながらやっていこうと思います。

 いま、エリザベス・キュブラー・ロスの「人生は廻る輪のように」を読んでいます。「人生は廻る輪のように」は彼女の唯一の自伝です。巻末の著者紹介では、

エリザベス・キュブラー・ロスは 医学博士、精神科医。ターミナルケア(末期医療)、サナトロジー(死の科学)のパイオニア的存在であり、その成果をまとめた著書「死ぬ瞬間」は世界的なロングセラーとなった。


 とあります。エリザベス・キュブラー・ロスのことばをひとつ。



学ぶために地球に送られてきたわたしたちが、学びのテストに合格したとき、卒業がゆるされる。未来の蝶をつんでいるさなぎのように、たましいを閉じ込めいる肉体をぬぎ捨てることがゆるされ、ときがくると、わたしたちはたましいを解き放つ。そうなったら、痛みも、おそれも心配もなくなり……美しい蝶のように自由に飛翔して、神の家に帰っていく……そこではけっしてひとりになることはなく、わたしたちは成長をつづけ、歌い、踊る。愛した人たちのそばにいつもいて、想像を絶するほどの大きな愛につつまれて暮らす。


 

 これ以上美しい言葉があるだろうか。そして、なぜこのような強烈な現世観を持つに至ったのだろうか。少し怖いぐらいに感じる。彼女の自伝を読むことでその点に迫ってみたいと思います。



送信者 2011/05/23

エリザベス キューブラー・ロス
角川書店
発売日:1998-02

ベジマイトを毎日食べる

 軽度の貧血である私としては、葉酸を補うのにはサプリメントではなく食品から摂取したほうがよいと思いまして、パンに塗る酵母、ベジマイトをカルディで購入しました。一ヶ月ほど食しています。最初はあまりの匂いと塩味に嫌気がさしていたいたのですが、慣れてくると案外いけるものです。

 昼ごはんは毎日、ピーナッツバターとベジマイトのサンドイッチです。


送信者 2011/05/21


献血結果(5/15分)


送信者 2011/05/21


 家内が庭で育てている花が良い塩梅です。献血の結果が返ってきました。故障で走っていない間に貧血が改善されたようです。少しオーバーワーク気味だったのかもしれませんね。
 まだ、ヘモグロビン量は標準値以下なので頑張って鉄と葉酸を採りたいと思います。貧血が治ったら走る方も良い結果になりますかね。

赤血球の値
416 → 458

へモグロビン値
12.1 → 13.1





故障明け、11日ぶりのランニング

 故障明け、11日ぶりのランニングです。恩田川→奈良川→成瀬尾根道→恩田川→かしの木山(13km)を走りました。久々のランと、走らない間に体重が増えていた関係で、とても疲れましたね。足に痛みがあればすぐに中断するつもりでしたが、まだ痛みが出ていないので大丈夫なようです。

 フライデーナイト・リレーの夏大会の募集が始まってますね。大会は7月29日のようです。夜とはいえ夏場です、12時間ソロは辛いかなと思います。どうしようか思案中です。だれか一緒に走りませんか~?


 走らない間に日中はとても暑くなってますね、無理しないようにそれなりに走って行きたいと思います。
 



送信者 2011/05/21

Try WiMAXの15日間無料お試しレンタルを利用してみました

 Try WiMAXの15日間無料お試しレンタルを利用してみました。ワイヤレスは契約端末でしかネット利用できないので自宅で家族が使うネット環境は別に用意しないと行けないから割高だなーと考えてたのですけど。WiMAXは1つの契約で機器追加の設定をするだけで家と外での端末を別々(同時接続はできない)に使えるそうです。外出先でpacket通信するときはWifi接続できるので携帯電話とネットを共用できますし、通信費を圧縮することができそうですね。


送信者 2011-05-18 (by Eye-Fi)


送信者 2011-05-18 (by Eye-Fi)


送信者 2011-05-18 (by Eye-Fi)


送信者 2011-05-18 (by Eye-Fi)

湘南国際マラソンのパンフレットが着てました

送信者 2011/05/18-public

  湘南国際マラソンのパンフレットが着てました。今回は11/3(木・祝)開催ですね。前日は平日なので前日入りは難しそうですが、なんとか参加できるように仕事を調整したいと思います。前回のように一日絶食状態で参加とかないようにしたいと思います。

  申し込み期間は以下のとおりです。

  • 地元先行枠 2011年5月22日~5月27日
  • 一般一次募集 2011年6月12日~6月24日

読書記録 孤独の愉しみ方―森の生活者ソローの叡智

送信者 20118517

孤独の愉しみ方―森の生活者ソローの叡智 (智恵の贈り物)

目次



I 孤独が一番の贅沢
II 簡素に生きる大切さ
III 心を豊かにする働き方
IV 持たない喜び
V 自然の教え




  孤独の愉しみ方―森の生活者ソローの叡智を読みました。ソローは森の中の湖畔で小屋を立てて自給自足の生活をしながら、人間らしく生きるとはどんなことかを思索しました。現代におけるシンプルライフの先駆者と言えるかもしれません。


  世の中を嫌忌して森に住む、現代にいれば変人と烙印を押されかねない。彼は世間から超然していたからこそ言える沢山の言葉を残しています。


P192 仕事のために目覚めた一日からは、得るものは多くない。朝、自分の人生を始めるために起きる。


  時代が変わって仕事の道具や仕方が変わっているが、仕事の目的というのは変わってはいないはずです。手段が格段に進歩しても、我々は自らを摩耗させることをやめない。私たちは道具の道具に成っているのかもしれない。


P34 シンプルな食事や服のほうが、美しいと思われる。


  現代社会に於いても、消費に貢献しないことについて批判されるのは間違っている。浪費や摩耗が人生の目的だとするとそれは虚しいことだと私は考えます。


歩け、森の中を。歩かない足は、やがて身を滅ぼす。


  ソローは世を捨て森に行こうといっています。もちろん、レジャーとしてではない。



  # まだまだ足の具合が良くない。毎日、ウェイトトレイニングの日々です。

日曜は月例です

  日曜日はよこはま月例マラソン。でも足が回復してないようです。今日、試しに走ってみて状態が悪ければ棄権します。20kmはムリかな。

  キンドルを手放しました。ヤフオクでほとんど購入価格で売れたので良としました。私にとって読書は紙が最適でした。いま読んでいるはヘンリー・ディヴィッド・ソローの「孤独の楽しみ方」です。


孤独の愉しみ方―森の生活者ソローの叡智 (智恵の贈り物)
送信者 20110514

理解できない相手を常識はずれと思うのは、自分が愚かだからだ。

誰にも出し抜かれない生き方がある。それはゆっくり歩くことだ。

森に行けばおおぜいの仲間に会える。みんな孤高の存在だ。

シンプルな食事や服のほうが、美しいと思われる。

  ソローの思想はまるでタオへの道のようだ。私も現代人は飽食を慎むべきだと思う。


読書記録 自死という生き方―覚悟して逝った哲学者

送信者 2011/05/12
自死という生き方―覚悟して逝った哲学者

  自死という生き方―覚悟して逝った哲学者を読みました。テーマだけに感想を書くのも躊躇してしまう。著者は自死の普遍化という難しい問題に取り組んだが、私はこの問題に幾ばくか意見できるほど成熟していない。分かったようなふうな意見しか言えない気がするのである。あえて言えば、メメント・モリ(自分が(いつか)必ず死ぬことを忘れるな)を私は忘れてはいけないと考えている。


私は以上のようなことを三人称の立場で客観的に主張してるのではなく、一人称の立場に立って主張しているのである。そのことを読者は重々考慮しながら受け取っていただきたい。 (P105)


  覚悟の書である。

nike free run

  新しいシューズを買いました。nike free run です。型としては旧シリーズなのでとても安かったです。(もう一つ所有しているシューズ adizero は、先日洗ったときにソールが大分減ってしまっているのに気づきました。以前はエントリーランナー用の厚いソールのシューズを履いていたのであまり気にしていませんでしたが、シューズは2足を交互に履いたほうが良いようです。)

 ソールがとても変わっていて、とても屈曲性があります。クッション性も余り無くて、足裏の感触がダイレクトに伝わります。学校の上履きを履いて走ったような感触の走りです。いままでのどのシューズとも感触が違います。ハダシに近い走りで、足の筋肉を鍛えることをコンセプトにしているそうです。とりあえず、ロング以外ではこれを使用してみることにします。

送信者 2011/05/09-public

一週間ぶりのランニング


  一週間ぶりにジョグを再開しました。まだ、甲の炎症が引いていないので6分/kmペースを維持しました。



禅的ランニングから

P197 かって、ふくらはぎ腓腹筋の肉離れとの診断を受けた際、私がまず思ったことは、「なぜ私が?」というものでした。こんな不運な状況に陥るようなことはしていないはずだ、いったい私がどんな罪を犯したというのか、なぜほかの誰かではなく、この私が、こんな目に遭わなければならないのか、そう思ったので。そのときは、自分が世界で一番不幸な人間だということを疑いもしませんでした。


  一般には理解されませんが、ランナーは一週間も走れないと不安になります。さらに長い間、たとえば1ヶ月ほど走れないと、しばしば自己憐憫に陥ります。私は禅的ランニングを読んで、執着を捨てさるというキーワードを得たので、比較的軽い気持ちで休養することができました。

# 先日の献血の血液検査成績が返ってきました。以下の値が男性基準値を下回りました。ヘモグロビン値はこれ以上、下がると献血ができないそうです。

  • 赤血球数 416
  • ヘモグロビン値 12.1
  • ヘマトクリットチ 37.2

 

読書記録「インフルエンザワクチンはいらない」

インフルエンザワクチンはいらない (双葉新書)

送信者 20110505

目次


第1章 世界一大産業になった「非力な」インフルエンザワクチン
第2章 新型インフルエンザ狂想曲
第3章 いらないワクチン、いるワクチン
第4章 病気をおそれすぎない


  インフルエンザワクチンはいらない 母里啓子 著を読みました。母里啓子さんは元国立公衆衛院疫学部感染症室長を歴任、前橋リポートの作成にも携わっております。前回、予防接種は「効く」のかを読みましたが、予防接種は「効く」のかでは前橋リポートは統計のとりかたに疑問があるので再度検証すべしとし、インフルエンザは群として効能があるので接種すべきという論説でした。本書の論説はまったくの逆、ワクチンは積極的にとらないほうがよいという論説です。
  異なった2つの意見を聞いたとき、私はしばしば何の判断もできなくなってしまうことが多い。対立軸で考えないで双方の意見の正しい点について注力すればよいと考えます。

  本書で言いたいことは4点

  • インフルエンザワクチンは効かない
  • インフルエンザは不顕性があり学童防波堤論はなりたたない
  • インフルエンザ利権によりインフルエンザワクチンが効かないという点について意見を言う人がいない
  • インフルエンザにはむしろ掛かったほうが良い

  そもそも、インフルエンザワクチンが効くのか効かないのか、検証する方法がないので答えがでない。そもそも、ワクチンを打ったからといって絶対に掛からないわけではないとうワクチンはどうなの?という意見は確かにある。
  ただ、ワクチンの有効性について、議論がかみ合わないのはその評価基準が人によって違うからだと考えるべきだろう。ワクチンの効用について疑問を呈するだけであれば、論説にノイズが少し多い。利権云々は義憤にかかわるところだし、正しい論点ではない気がする。インフルエンザにはむしろかかったほうが良いのかといった点については受け入れられる人、いない人があるだろう。総じて色々、雑な点はあるが以下の点については、忘れてはいけない点であろうと考えた。


P169 新型インフルエンザ騒動の中、感染者を出した高校が風評被害にあった時には、これほど医療が進んだというのに、人々の「うつる病気」「うつること」への恐怖や嫌悪が取り払われていないのを感じました。病気の怖さをあおるマスコミと過剰に反応する人々。そこには、「病気を持った人」への差別や偏見、「我が身さえ安全であればよい」とする考えが潜んでいると思うのです。

東京タワー

  今日は家族で東京タワーに来ました。地震の影響でタワーの先端が曲がっているという噂でしたが、確かに少しだけ曲がっている気がします。

送信者 2011/05/04-public

  長女と階段で大展望台まで登って認定証を貰いました。小学生の低学年でも楽勝な高さです。個人的には何周か繰り返してラップタイムを計測したいところなのですが、それを言うと家内に小ばかにされるので止めました。
送信者 2011/05/04-public
  その後、テイクアウトしたハンバーガーを芝公園で食べて帰りました。

キッザニア東京


 昨日は、家族とキッザニア東京に行きました。長女は色々な職業体験ができてとても楽しかったようです。
 家内がやらせたい職業と娘がやりたい仕事は如実に違いました、娘は眼科の白内障の手術が楽しかったようです。一日では遊び尽くせませんね。

右足甲の炎症

  今日、仕事の帰りに整形外科に行きました。走りすぎの旨、苦言を呈されたりしましたが、ただの炎症という診断でした。
  モーラステープをもらって、一ヶ月程度の休養を指示されました。多少は休養しますが、一ヶ月は長いと思うので、時期をみてランニングを再開します。

第404回月例湘南マラソン

送信者 2011/05/01-public

 本日は第404回月例湘南マラソンに参加しました。20kmの部に参加しまして、結果は1:34:00でした。前々回は都合により不参加、前回は地震の影響で大会が中止となりましたので、久しぶりの参加です。
 話し掛けるきっかけは無いですが、見覚えのあるかたがたくさんいらっしゃいます。月例という空間を共有している赤の他人がたくさんいるわけです。未曾有の事態が続きますが、いつまでも月例は続いてほしいと思います。

 今回からバーコードによるエントリーが開始されていました。よこはま月例マラソンと同じ仕組みですね。


  • 5k 23:33
  • 10km 23:08
  • 15km 24:16
  • 20km 22:59

 走り始める前から右足の甲に痛みがあったのですが、走り終わったあとその部位が腫れて歩けなくなりました。走っている途中から接地が難しかったので、上体が捻れて踏み足の力が逃げている感じがしました。近日中に病院に行きたいと思います。終了後、町田compyで成分献血をしました。#46

該当の記事は見つかりませんでした。