明日遊ぶ猫

献血しながらサブ3.5の文化系ランナー。

レミギウス・モリカビュチス追悼チャリティTシャツプロジェクトのご紹介

レミギウス・モリカビュチス追悼チャリティTシャツプロジェクトをご紹介します。

日本における格闘技の功労者であるレミギウス氏の遺族を支えるためのチャリティTシャツプロジェクトを紹介します。
当時、レミギウスのファイトに興奮しました。 ご興味があるかたはリンク先をご確認ください。

私も一着買いました。

レミギウス・モリカビュチス(Remigijus Morkevicius:愛称レミーガ)は、1982年8月10日、リトアニア共和国に生まれました。
8歳時の政治不安定(ソ連からの独立運動で1991年軍事介入を受ける)を機会に、親元を離れて祖母に預けられて、
以降は祖母と2人の生活に。いつしか祖母を守る為にも、「強くならねば」との想いから14歳でキックボクシングを開始。
その後、祖母が歩行困難となり(骨粗しょう症)、僅かなファイトマネーを闘病中の祖母の治療費に当てていました。

2002年に総合格闘家としても活動を開始し、2002年11月・20歳で日本のリング(総合格闘技ZST興行)に上がるチャンスが生まれて、
祖母の治療費の為に絶好の機会と受け止め、日本を主戦場にする事を決意。
以降、類まれな身体能力とアグレッシブな動きによってZST興行で頭角を現し、2005年1月「ZST-GP2」トーナメントで優勝。
同年の総合格闘技HERO’S興行では地上波放送に乗り、ムエタイベースの強烈なスピードと打撃でファンが全国区に増大し、
端正な顔立ちから女性ファンも急増。又、元々の専門であるキックボクシングのK-1 MAX興行においても、2006年に魔裟斗と対戦。
負けたものの、レミギウスの名は全国区に。上昇したファイトマネーの殆どを、闘病中の祖母に捧げていた事は周知の事実です。

2008年・26歳時のK-1 MAX興行を最後に日本のリングを離れ、2014年・32歳時のKOKリトアニア興行まで戦い、一時休戦。
2017年に復活の意思を固めていましたが、2016年12月21日トレーニング後の帰宅途中に銃撃を受けました、享年34歳。

特に、長く活躍したZST興行では、所英男選手を中心とする多くの日本人選手と切磋琢磨し、リング外でも交流を広げました。
その後の地上波放送での各試合でも、驚異のリトアニア選手として位置付け、日本の格闘技の功労者の一人と言えます。


http://athleteyell.jp/project/remyga/" target="_blank" title="レミギウス・モリカビュチス追悼チャリティTシャツプロジェクト">レミギウス・モリカビュチス追悼チャリティTシャツプロジェクト

仮骨ができた


接骨状態の確認のため、整形に行きました。医師によると仮骨ができて順調に回復しているようです。素人目にはずれているように見えるのですが。

紫外線アレルギー

先日、伴走の後で湿疹の症状がでたので皮膚科を受診したところ紫外線アレルギーという診断が出ました。幸い薬が効いたので3日程度で、かゆみと湿疹が引きました。なにか複合的な要因のようでその後は同様の症状がでていません。

担当医からは、できるだけ日光に当たらないようにというアドバイスを頂きましたので、できるだけ肌を露出しないように練習を続けたいと思います。

[私的メモ]定期利用期間中のモバイルsuicaからカード型に切り替えに伴う料金計算

1. 背景


モバイルsuicaの6か月定期が残り2か月を残して故障したので、払戻し金額をもらってカードに切り替えた方がよいのか、修理して継続したほうが良いのか計算してみました。

2. 前提条件


2.1 払い戻しをするケース

払戻額を受けて+6か月のsuiucaカードに切り替えるケース

※デポジットは考慮しない

2.2 払戻をせず修理を待つケース

修理期間中は定期券の提示ができないのでsuicaのsuica乗車券の金額を払う


2.3 払戻額の計算方法

JRのサイトに従うJR東日本:モバイルSuica>各種手続き>退会>払いもどし額の計算方法


2.4 乗車区間

  • 乗車券 \388
    • 定期 6か月 55,840
    • 定期 3か月 33,150
    • 定期 1か月 11,630


2.5 修理期間

F社カスタマの指定した期間は最大10日

※休業日は電車を利用しない想定(営業日 8日で計算)


2.6 代替え機は借用できなかった

代替え機を利用し一時的におサイフケータイの定期を移行することができなかった。


2.7 無償修理期間が適用できる前提

無償修理期間内で優勝修理の対象とならない想定


3. モバイルsuicaを継続するケース


\55,840 + \6,208※ = \62,048(▲1,565)

※ 388 × 2(往復) × 8(営業日)


4. カード型に切り替えるケース


\55,840 - \10,840※1 + \18,613※2 = \63,613

※1 払戻額

\55,840 - ( \33,150 + \11,630) - \220 = 10,840

※2 6か月定期の2か月分

\55,840 ÷ 6 × 2 = \18,613


5. 結論


修理期間の乗車券を払ってもモバイルsuicaを継続利用したほうが\1,565 安い。 


6. 雑感


おサイフケータイ機種は代替え機が借用できない場合にSPOFとなってしまい利便性が低い。今回はモバイルsuicaを継続するが、6か月定期の終了以降は継続購入せずカード型に変更する。

震災から5年

今日3月11日(金)は東日本大震災の日でした。
東京で何不自由ない生活を送る私にとって、震災で命を落とされた方、いまだ避難生活をされている方を思うと胸が痛いです。

私ができることは復興支援のための募金などを少しずつ続けることだけです。

個人的な思いとしてはやはり原発は減らしていかないといけないなと考えています。将来、同様の規模の地震が起きることは避けられないといと思いますし、今回の莫大な復興支援費を考えると同様の支援は二度とできないと考えています。もう同じことを起こさないために何ができるか考えたいと思います。

このカテゴリーに該当する記事はありません。