明日遊ぶ猫

献血しながらサブ3.5の文化系ランナー。

夏の翳り ジョイス メイナード (著), 中井 京子 (翻訳)を読みました。

夏の翳り (ハーパーBOOKS)

夏の翳り ジョイス メイナード (著), 中井 京子 (翻訳)を読みました。13歳の少女が過ごした70年代の雰囲気や少女時代の思い出や犯人との対決がスリリングに表現されている点など大変おもしろく読みました。特に70年代を代表するナックの『マイアローナ』の歌詞が物語の途中に挿入され印象的です。



あの夏、わたしはサンフランシスコ郊外を震撼させた連続殺人鬼と対決し、死にかけた。犯人を追う刑事の父を助けたくて、ある行動をとったせいで。もしもあの瞬間、妹がいてくれなければ、きっと殺されていただろう。そして30年あまりが過ぎた今、真相を知るのはわたし1人だけになってしまった――。70年代後半のカリフォルニアを舞台に、みずみずしくも危うい少女たちの夏を描いた話題作。(Amazon紹介)



 このお話はある姉妹(ローラ・ザロイアンスとジャネット・カブリー)の体験がモチーフになっています。姉妹は幼少時代、本作と犯人のモデルである”山道の殺人鬼”が出没する地域に住んでおり、小説中の刑事と同じく父が捜査の指揮をとっていました。姉妹は著者の文書講座を受講したつながりから事件に関する彼女らのエピソードを聞き、いくつか脚色をおりまぜ物語を書いたようです。



窓を開けておくと、コオロギやフクロウの鳴き声、コヨーテの遠吠え、まれにピューマの声も聞こえる。山のほうに目を向けると星が見えるし、朝になって明るくなると、馬たちが草を食み、交尾していることさえあるし、空にはたかが舞い飛んでいる。
 わたしたちがあらゆるものを見つけた場所だった。それがあの山。動物の骨にシカの糞。鳥、花、コンドーム。動物の死骸、人間の遺体。岩とトカゲ。セックスと死。(P51)



 そのためか、小説の構成は前半の少女時代の詳しい出来事について記述されています。また、後半については姉妹の話には無い創作、犯人との対決というエキサイティングなお話の二部構成になっているように見えます。前半部の娘の少女時代の出来後について、かなりの文量を使って山の出来事、恋人やセックスへの興味。幻視や占いなどのスピリチュアルなものへの興味など書かれており、13歳の少女のもつ危うさ、多感さ、母親への反抗、父親へのあこがれなどがうまく表現されています。



一九七九年の夏。わたしは十三歳と二か月で、七年生を終えたばかりだった。親友はいなかったが、ないよりも妹を愛していたし、父も大好きだった。ピーター・フランプトンとジョン・トラボルタにも熱をあげ、大きくなったら作家になるつもりだった。あるいは、国際的に活躍するスパイ、女性初のカーレーサー。『アンネの日記』は四回読み返し、アンネ・フランクがセックスについて書いている箇所と母親への怒りを綴っている箇所はページに折り目をつけた(P75)



 一方で、後半の犯人との対決の部分はジョイスの創作です。そのせいでしょうか、いくつか構成の点で疑問がありました。まず、犯人が古いトラックを住処としていた点について、警察の包囲網があるなかで逮捕できなかったことが疑問です。また、主人公の前に出現した点も疑問です。犯人は食料を調達するのに空き巣を行っていることが記述されています。日常的に人里におりることをしていないように見えますから、彼がTVや新聞などの媒体に触れることが難しいように見えます。なぜ、犯人は娘が刑事の娘であることを知りことができたのでしょうか。さらに、いくつかの犯人の物証が残っているにも関わらず彼女たちが犯人に襲われ一度は撃退したという事実がなぜ捜査陣に信じられることがなかったのかも疑問です。犯行につながる、〇〇という決定的なものがあるにもかかわらずそれを見落としています。


 いくつか構成の疑問がありましたが、彼女たちにとってのこういったラストはふさわしいという終わり方できている作品ではないかと思います。過酷な運命を背負っしまった姉妹になんら納得のできる立場の終わり方を用意した、これはモチーフのもとになった姉妹(ローラ・ザロイアンスとジャネット・カブリー)に書かれた作品でないかと感じました。

このカテゴリーに該当する記事はありません。