明日遊ぶ猫

献血しながらサブ3.5の文化系ランナー。

NHK BS「オリパラ団」でバンバンクラブが紹介されました(再放送の日程)

3月26日21時に放送されたNHK BS1の東京オリパラ団という番組で、バンバンクラブの活動が紹介されました。再放送は3月31日の午前0時からです(3月30日の深夜)。ぜひご覧下さい。

東京オリパラ団


http://www4.nhk.or.jp/top-dan/

代々木公園伴走クラブ(バンバンクラブ)の活動がTVで放送されます

今日、3月26日21時からのNHK BS1の東京オリパラ団という番組で、バンバンクラブの活動が紹介されます。ぜひご覧ください。

東京オリパラ団

http://www4.nhk.or.jp/top-dan/

バンバンクラブ自主練( 8869.3m)


バンバンクラブの自主練です。桜はまだ開花していませんでしたが一足早い花見客がいました。


Activity name: 朝のランニング

Distance: 8869.3

Elapsed time: 1 hour, 32 minutes, 47 seconds

Run 5236.2m


Activity name: 夜のランニング

Distance: 5236.2

Elapsed time: 33 minutes, 24 seconds

レミギウス・モリカビュチス追悼チャリティTシャツプロジェクトのご紹介

レミギウス・モリカビュチス追悼チャリティTシャツプロジェクトをご紹介します。

日本における格闘技の功労者であるレミギウス氏の遺族を支えるためのチャリティTシャツプロジェクトを紹介します。
当時、レミギウスのファイトに興奮しました。 ご興味があるかたはリンク先をご確認ください。

私も一着買いました。

レミギウス・モリカビュチス(Remigijus Morkevicius:愛称レミーガ)は、1982年8月10日、リトアニア共和国に生まれました。
8歳時の政治不安定(ソ連からの独立運動で1991年軍事介入を受ける)を機会に、親元を離れて祖母に預けられて、
以降は祖母と2人の生活に。いつしか祖母を守る為にも、「強くならねば」との想いから14歳でキックボクシングを開始。
その後、祖母が歩行困難となり(骨粗しょう症)、僅かなファイトマネーを闘病中の祖母の治療費に当てていました。

2002年に総合格闘家としても活動を開始し、2002年11月・20歳で日本のリング(総合格闘技ZST興行)に上がるチャンスが生まれて、
祖母の治療費の為に絶好の機会と受け止め、日本を主戦場にする事を決意。
以降、類まれな身体能力とアグレッシブな動きによってZST興行で頭角を現し、2005年1月「ZST-GP2」トーナメントで優勝。
同年の総合格闘技HERO’S興行では地上波放送に乗り、ムエタイベースの強烈なスピードと打撃でファンが全国区に増大し、
端正な顔立ちから女性ファンも急増。又、元々の専門であるキックボクシングのK-1 MAX興行においても、2006年に魔裟斗と対戦。
負けたものの、レミギウスの名は全国区に。上昇したファイトマネーの殆どを、闘病中の祖母に捧げていた事は周知の事実です。

2008年・26歳時のK-1 MAX興行を最後に日本のリングを離れ、2014年・32歳時のKOKリトアニア興行まで戦い、一時休戦。
2017年に復活の意思を固めていましたが、2016年12月21日トレーニング後の帰宅途中に銃撃を受けました、享年34歳。

特に、長く活躍したZST興行では、所英男選手を中心とする多くの日本人選手と切磋琢磨し、リング外でも交流を広げました。
その後の地上波放送での各試合でも、驚異のリトアニア選手として位置付け、日本の格闘技の功労者の一人と言えます。


http://athleteyell.jp/project/remyga/" target="_blank" title="レミギウス・モリカビュチス追悼チャリティTシャツプロジェクト">レミギウス・モリカビュチス追悼チャリティTシャツプロジェクト

Run 5332.4m


Activity name: 夜のランニング

Distance: 5332.4

Elapsed time: 30 minutes, 48 seconds

Run 3085.6m


Activity name: 午後のランニング

Distance: 3085.6

Elapsed time: 21 minutes, 52 seconds

バンバンクラブ練習会@代々木公園


Activity name: 朝のランニング

Distance: 17323.8

Elapsed time: 2 hours, 5 minutes, 41 seconds


代々木公園でバンバンクラブの伴走練習会に参加しました。今日は初めての参加の方のサポートをしました。

Run 4915.1m


Activity name: 夕方のランニング

Distance: 4915.1

Elapsed time: 27 minutes, 56 seconds

第156回芥川賞受賞作品「しんせかい/山下澄人 著」を読みました

しんせかいをよみました。しんせかいは第156回芥川賞受賞作品です。

 主人公の「スミト」が著名な演出家のもとに弟子入りし、山奥の「谷」で共同生活を送るという内容です。この話は、作者である山下澄人さんが、青春時代を過ごした倉本聰率いる富良野塾での日々がモチーフになっています。富良野塾では俳優や脚本家を目指す若者が共同生活をおくりながら、地元の農家から依頼される作業の対価を生活費とし、暮らしています。そのような境遇においた若者のお話ということで、当然若者の青春群像劇が展開されるものと考えて読み初めましたがすこし景色が異なるようでした。

 「スミト」には地元に残してきた恋人未満の女友達、「谷」で仲良くなった女性などがでてきますが、青春小説にありがちな男女の思いの交差はありません。また、「谷」での仲間たちとの会話も多くは空虚な交換が行われているにすぎません。彼のコミュニケーションに難があるのか、それともフィクションの中に主人公が存在しているのか私の中の疑問が芽生えながら話は終盤になり、スミトは読者に対して最後に思いも寄らない言葉を投げかけ物語りは終わります。スミトがここまで重ねてきた言葉はなんであったのかと考えさせられる物語です。